RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I Am Sam
I Am Sam (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ
ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ (JUGEMレビュー »)
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ, ボブ・マーリー, V.フォード
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

DADA BLOG  〜BE HAPPY!!〜

Introduce you my favorites and daily life★
<< 無事帰国 | main | 14/02/06 TOKYO - HANOI >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
朝焼けに浮かぶアンコールワット
20060223_137771.jpg

写真では感動が充分伝わらないと思いますが

今まで生きてきた中で一番の感動と一番の景色でした。

何も言えない、溜め息が漏れるような絶景。

アンコールワットは西向きに建っているため、

日の出はまるで後光が射しているように見える。

遺跡に立つと遥か彼方の人々とシンクロするのを感じる。

850年前の人々はこの景色を眺め何を思ったのか。

内戦の最中アンコールを拠点としたゲリラはこの景色を眺め何を誓ったのか。

かの一ノ瀬泰造はこの地に辿り着いた末に何を見たのか。

その地に、その景色の前に、今、僕は 間違いなく 立っている、存在している。

不思議な気持ちだ。

900年もの時を経て尚人々を魅了し続けているアンコールワット。

若いうちに、体力があるうちに行くとよい。

見学には結構な体力を要します。



| TRAVEL | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:43 | - | - |









http://borntobehappy.jugem.jp/trackback/280